LAYANAグリーンファクトリー

LAYANAは環境にやさしく、国際的な環境保護に合致することを目標としています。自身の建築構造は「自然、緑化」をコンセプトとすること以外に、工場の空間設計においても一定規模の循環システムと緑地庭園を計画しました。省エネルギーと二酸化炭素排出削減を推進する中で、私たちは日常使用している照明や空調の省エネを実施し、さらにCO2と工場内部の削減も実施します。工場と製品製造プロセスでの環境の衝突を低減し、産業の環境友好性を高め、最終的に低炭素化の目標を達成することを目指しています。

 

green building ce

 

 

LAYANAは持続可能なグリーンエネルギープロジェクトを推進するために、政府の関連認証の取得に努めます。短期目標から長期目標まで、それぞれ次のとおりです:
• 短期目標-グリーン建築認証-ゴールドレベル(工場建築物)
• 中期目標-クリーン生産システムの合格証書(生産運営管理)
• 長期目標-グリーン工場マーク(グリーン建築とクリーン生産にマッチ)

 

 

グリーン建築-ゴールドレベル(Top2)

グリーン建築認証は4つの大きな方向性(エコロジー、省エネルギー、二酸化炭素削減、健康)を主軸として、9の指標により評価を行います。それぞれ「緑化」、「基地の保水」、「水資源」、「日常の省エネルギー」、「二酸化炭素の削減」、「廃棄物の削減」、「汚水とごみの改善」、「生物多様性」及び「室内環境」です。2019年8月にLAYANAはグリーン建築マークを取得し、さらにゴールド等級の認可も取得しました。

 

範囲

指針の項目

 実施

エコロジー 

生物多様性

  • 保有する緑地面積
  • 多種の植栽

緑化

  • 大面積に芝生を植える
  • 空中庭園

基地の保水

  • 緑地による保水設計

省エネルギー

日常の省エネルギー

  • 建築物外側の省エネルギー設計
  • 空調と照明の省エネルギー設計

廃棄の削減 

二酸化炭素の削減

  • 再生エネルギーと太陽光発電の推進

廃棄物の削減

  • 建築廃棄物の空中への排出割合の低減

健康 

室内環境

  • グリーン建材の使用
  • 一酸化炭素と二酸化炭素のモニタリング

水資源

  • 水の循環と雨水の回収システムの確立

汚水とごみの改善

  • 資源回収とごみ分類
  • 専用の集中場所と定期的な掃除

 

建築物は防錆を基本として、以下をそれぞれ設置します:

  1. 溶融亜鉛メッキ鉄筋(HDG)
  2. 亜鉛・アルミ合金溶射塗装による室内鋼梁
  3. II型セメント
  4. 外壁タイル貼り
  5. ステンレス製焼付塗装の窓と扉
  6. ゲートに順圧システムを追加

 

グリーン建築マークと証書

中期目標-クリーン生産システムの合格証書

 

クリーン生産システムの合格証書を取得することは、現在のLAYANAが努力している方向であり目標でもあります。クリーン生産とは、継続的な整合と予防を出発点とする環境戦略で、製造プロセス、製品及びサービスに適用されます。その目的は、エコロジーの効果を増やすと同時に、人類及び健康の危害を減らすことです。

green building

そのため、クリーン生産の採点では、生産、環境化設計、グリーン管理及び社会的責任をカバーし、新たな計画または戦略を提出します。

 

クリーン生産に対する三大計画は以下のとおりです:

製造プロセス関連-資源利用の最大化

  1. 投入する生産手順と設備には、危害が少なく廃棄物の発生が比較的少ない原料を使用しなければなりません
  2. 各種の危険で有害な中間品を減らす
  3. 廃棄物の発生と毒性を低減する

 

製品関連-製品のライフサイクルと資源&エネルギー消費の最小化

  1. 製品自身と使用過程において、生態環境への危害を低減する
  2. 回収、再生、再利用可能

 

サービス関連

  • 環境保護を理念として、提供するサービスに入れ、サービス提供により発生する環境への危害を減らす

 

長期目標-グリーン工場マーク

上記2つの合格証書を取得した後、グリーン工場マークの資格を得ることができます。

 

グリーンファクトリーの資格に関して、工場建築物はハードウェアとみなされ、グリーン建築認可を取得しなければなりません。生産運営管理はソフトウェアとみなされ、合格評価を受けなければなりません。同時に、ハードとソフトのグリーン規格が通った後に、グリーンファクトリーの認定を受けることができます。これは、LAYANAが永続的に経営して環境を保護するための最終目標です。

 

energy02

 

 

Rainwater Harvesting System

The rainwater is collected from the roof and discharged into the rainwater collection tank through the pipeline. After impurities are removed by the filtering equipment, the filtered rainwater is stored and sent by the automatic sprinkler system for regular automatic irrigation.

In the future, solar power generation devices will be added to convert solar energy into clean power for use by using photoelectric technology.

 

 

energy03

 

green 

Green Building – Gold Level

quality assurance iso50001 certificate 2019 12

 

 ISO 50001 Energy Management System