ボルボ保安管理監査 Volvo Safety Management Audit(SMA)

  • ボルボ(Volvo)は世界的に有名かつ多くのファンを抱える高級車ブランドの1つです。
  • ボルボ(Volvo)保安管理監査(SMA)ツールは、保安部品を製造するサプライヤー評価に使用されます。
  • Layanaはボルボ(Volvo)の特殊要件に従い、2017年から毎年、現場のQMSおよびSMA監査を実施しています。
  • 重要保安部品やコンポーネントのサプライヤーは、品質管理システムに保安システムの要件を組み込む必要があります。サプライヤーは自身の組織、システム、プロセス、能力がボルボ(Volvo)グループの重要保安特性に関する要件を満たし、管理が可能であることを証明しなければならないのです。
  • ボルボ(Volvo)グループは、1社または複数の保安部品サプライヤーの保安管理システムを評価する技術監査を開発し、使用しています。 この監査では、適切な管理システムが存在し、全製造プロセスで正確に保安部品を管理する能力を備えているかが評価されます。
  • 保安部品があっても、重要保安特性をもたないサプライヤーは簡単な保安管理監査を受ける必要があります。
  • 保安部品を提供するサプライヤーで、重要保安特性が含まれていると判断された場合、保安管理監査(SMA)を受ける必要があります。 SMAは調達プロセスにおいて実施され、潜在的なサプライヤーは、提携前に合格点を取得することが義務付けられます。
  • SMAの目標スコアは90%以上です。 スコアが60%以上90%以下のサプライヤーは、FMEA(故障モード影響解析)、管理計画、作業手順書などに関する文書を提出する必要があります。

 

 

保安部品のプロセス能力を識別する[KCC]の特徴は以下の通りです。

  • CPK≥1.67
  • プロセス検査の頻度
  • 継続的な統計的プロセス制御
  • 6か月ごとにPpk分析を実施