深絞り成形

なぜ深絞り成形を選択するのか?

深絞り成形は最も広く利用されているプロセスの一つです。通常は、金属プレス部品よりもさらに深く伸ばす部品や製品に用いられます。特に製品に顕著な強度をもたせ、その他製造技術では実現できない幾何学的成形を提供します。さらに深絞り成形とプレスを組み合わせて生産することもできます。

 

 

深絞り成形が必要であれば、LAYANAはお客様をサポートします

LAYANAの研究開発グループは複雑で精密な部品の深絞り成形に関して長年の経験があります。LAYANAは300トンのサーボダブルクランクシャフトプレス機を所有し、最適なプロセスで最高品質を保持した金型と製品を提供します。クリックして300トンのサーボダブルクランクシャフトプレス機に関してさらに詳しく知ることができます。

 

More info of 300 Tons Servo Press

 

 

 

下記はLAYANAの技術情報です:

特徴

技術情報

部品直径

1.5-100mm

材料厚

最大2.5mm

金型寸法

最大長さ2,200mm

連続金型距離

最大130mm

Roundness

0.05mm

伸び比率

  • 1:3(材料と材料厚による)
  • 1:3以上(当社にご相談ください)

使用材料

  • アルミニウム
  • 銅/黄銅/青銅
  • ステンレス:SUS304, SUS430
  • 鋼:SPCC/SPHC/SPHE
  • 顧客要求による

 

 

利用する産業/範囲

  • 工業用設備/製品
  • 機械設備/製品
  • 医療設備/製品
  • 民間用電子製品/設備
  • 家電
  • 食器
  • バルブ類
  • エンジン
  • 自動車業界の関連製品

 

深絞りがお客様にとってのソリューションであれば、LAYANAにご連絡ください

専門の研究開発チーム

LAYANAの研究開発チームによる専門設計/エンジニアは、各材料特性を理解し、それぞれの要求に対して製造可能性に関するサポートと提案を行います。

 

完全なフローと計画

当社は顧客からの要望により、開発段階から量産段階まで、迅速に対応し、高品質レベルを維持することで、顧客の期待に応えます。

 

 

製品タイプ

ハイエンドの精密プレス技術により様々な製品をお選びいただけます。