金属プレス

金属スタンピングの定義

金属スタンピングは、専用のスタンピングプレス機と工具が必要な複雑な金属成形技術です。金属スタンピングのプロセスは、異なる種類や仕様の金属(鋼板また はシート材料)に圧力を加え、機械のパンチングによって、冷間材料加工プロセスで異なる形状(そしてしばしば非常に複雑な)部品または製品を生産することから 成り立っています。

 

 

 

金属スタンピングのプロセス

金属スタンピングには、製品設計の複雑さに応じて異なる手順があります。プロセスは通常、コイルまたはシート材料がスタンピング機に送られ ることから始まります。その後、一連の工程を通じて、材料が永久的に変形し、定義済みの仕様に従って形成されます。金属スタンピングの基本的な手順は以下 の通りです。

  1.  パンチング:このステップは、材料を位置決めおよび誘導するため、または必要に応じて製品に穴を開けるために使用されます。
  2. 誘導:材料は、パンチまたは工具コンポーネントによって誘導され、スタンピング機に向かって正確に調整されます。
  3. トリミング:製品設計に応じて、材料は剪断、シャンファリング、曲げ、または丸めなどのさまざまな形状加工を受ける場合があります。
  4. 深絞り:製品が重要な深さを持つ円柱状または列状の形状を必要とする場合、ツーリング開発中に深絞り技術が使用されます。
  5. ブランキングまたは切断:最終的なステップは、完成した部品を親材料ストリップから分離することであり、これはブランキングまたは切断として知られるプロセス によって達成されます。
    metal stamping-Layana

 

金属スタンピングの利点

旋盤などの他の類似プロセスと比較して、金属スタンピングは技術的および経済的な利点において多くの利点を持っています:

 

  • 低生産コスト:スタンピング機と特殊工具を使用して部品を製造することは自動的で、二次加工の可能性を排除できます。
  • 低労働コスト:金属スタンピングの自動生産は、労働コストを削減するのに役立ちます。
  • 高生産効率:連続生産は、大量の部品や製品に特に適しています。
  • 高い製品精度:高精度の工具ダイの使用により、効果的な品質管理と、剛性と寸法安定性が良好な製造部品が可能になります。
  • 短い生産時間:他の製造プロセスに比べて、金属スタンピングは生産時間を短縮し、比較的正確な納期を提供するのに役立ちます。

金属スタンピングの制限事項

  • 数量:金属スタンピングプロセスには、スタンピング機と特殊工具が必要であり、大量生産に適していま す。部品が少量しか必要な場合、金属スタンピングを使用するコストは、他のプロセスよりもはるかに高くなる可能性があります。
  • 技術要件:材料の厚さが異なるなど、製品設計に応じて、金属スタンピングプロセスの前に鍛造や押出し などの他のプロセスが必要な場合があります。
  • 設備コスト:スタンピング機を購入するコストは高く、機械のトン数によって異なります。
  • 工具準備時間:部品や製品の複雑さがツール設計と構築を決定するため、ツール開発には時間がかかる場 合があり、短期間での緊急ニーズを満たせない場合があります。また、重要な設計変更には、ツールを再設計および修正する必要があります。

金属スタンピング製品の用途

  • 航空宇宙産業
  • 自動車産業
  • 自動車
  • 電子製品
  • 医療
  • 光学
  • 電力エレクトロニクスおよびその他の分野

金 属スタンピング製品の応用

スタンピングで作られた製品や部品は日常生活でよく見られます。この技術は、以下の例に示すように、大型機械部品を製造するために使用でき ます。

非常に小さく正確な部品の場合、特定の種類の金属スタンピングが必要です - マイクロスタンピング

 

  • 家電製品や電子製品 - 電子デバイスやコンピューターで多くの部品が金属スタンピングで作られています - スプリング、リードフレーム、端子など。
  • シートレールなどの自動車部品
  • 脳波検出器用金属部品
  • PCB上のスリーブ
  • 電気自動車充電器:内部部品
  • 家庭用品:箸、スプーン、その他の食器
  • 軍事および防衛用品:銃器部品
  • 航空宇宙産業、自動車産業、光学産業、電力エレクトロニクスなどの他の製品もスタンピング部品を持っています。

 

金属スタンピング用材料

金属スタンピング用材料は、製品の特性や特徴によって異 なります。

そのため、製品の材料選択は需要、材料特性、コストなどに基づいて評価されます。例えば、材料の延性、硬度、電気伝導性、製品の複雑さなど です。一般的に使用される材料は以下の通りです:

 

  • ステンレス鋼
  • 鉄合金
  • アルミニウム
  • ベリリウム銅
  • 真鍮
  • 青銅
  • 冷間圧延鋼
  • チタンなど

金属スタンピングの種類

ス タンピング技術は、以下の特徴に基づいて、単一ダイスタンピング、複合ダイスタンピング、トランスファーダイスタンピング、プログレッシブダイスタン ピングに分けられます:

 

I. 単一ダイスタンピング

単一ダイスタンピングは、一つのダイスで一つの特徴を実現し、一つのステーションで曲げ、切断、伸張などの一つの動作を完成させる技術です。単一工程スタン ピングは最も一般的でシンプルな金属スタンピングの一種ですが、複雑な作業に対して生産効率が低いです。

 

II. 複合ダイスタンピング

複合ダイスは、一つのダイスで複数のステーションを完成することができます。例えば、スタンピング工程に続いて仕上げ工程が行われ、反復プロセスで一定の品 質を提供します。同じダイスで切断、曲げ、パンチングなどの複数の工程を同時に行うことができます。複数のダイスを必要とせずに部品を生産することができ、コ ストを効果的に節約することができます。ただし、複合ダイスタンピングは単純で幾何学的な製品にしか使用できません。

 

III. 転写ダイスタンピング

転写ダイスタンピングは、特に深絞り部品に使用されます。部品がシート金属から分離された後、工具は元の位置に戻り、最初の部品が次のスタンピングステー ションに移動する間に別の部品を作成します。転写ダイは、同時に複数の部品を製造でき、大量生産に適しています。また、部品が成形中にシート材料に接続されて いないため、製品要件に応じてパンチを可能な限り深くすることができます。これにより、深絞り特徴を持つ製品に特に適しています。

  

IV. プログレッシブスタンピング

プログレッシブスタンピングは、シート材料が自動給送機に送り込まれ、製品が単一の複数ステーションツールで完成するプロセスです。部品は、予め定義された 順序で複数のステーションを通過し、その後形成されます。プロセス全体で、部品は金属ストリップに取り付けられたまま、自動給送機の上を水平に移動し、各ス テーションで停止し、上ダイホルダーの力を利用してツールダイ内の形状を切り出します。プログレッシブスタンピングは、幾何学的に複雑で厳密な許容範囲の部品 を大量生産するために適しており、労働コストを削減し、同一の部品を生産することができます。

 

 

 

プログレッシブダイの試作プロセス

 

 

 

 

progressive global 

 

 

 

金属スタンピングの能力

例えば、LAYANA社は、プロの金型設計および製造チームを持っています。何人かのエンジニアは、プログレッシブダイ、トランスファーダ イなどを含む金属スタンピングの経験が30年以上あります。金属スタンピングのすべての設計開発、組み立て、製造は社内で行われ ています。以下に、 LAYANA社の能力を示します。

 

カテゴリー

技術的詳細

ダイサイズ(スタンピングダイ)

最大1200キログラム、最大1000ミリメートル、700L * 400W * 350H

素材の厚さ

0.02ミリメートル〜8.00ミリメートル

公差範囲

最大±0.01ミリメートル

Cpk

≧1.33

月間生産能力

金型10セットを製造、スタンピング部品4500万個を製造可能

 

 

LAYANA はお問い合わせに対して専門的なアドバイスを提供致します。

お客様からの図面を受け取 り、エンジニアは形状、特徴、寸法、公差などを基に部品/製品を評価し、その製造可能性に応じて提案を行います。製品を大量生産可能にするための提案 を行います。 お問い 合わせ